BACK TO STORIES

EXPLORE STORIES

The Shared Experience

ブリザードテクニカによる『Women to Women Project』は非常に興味深い内容となっています。

このプロジェクトは1年以上前から始まっていて

女性の身体的特徴を十分に考えて設計したマテリアルを開発するため

女性スキーヤーのコミュニティをつくり

そこをベースに開発を進めてきました。

 

世界中でワークショップを開催し、商品をテストし、アンケートを集計し、

最高の雪上経験をできる女性向けのモデルを開発してきました。

そして女性のニーズに合わせたスキーとブーツを設計するプロダクトチームにチャレンジしたのです。

我々は今年の8月チリのポーティロに4人の女性スキーヤーと向かい

効果的に女性スキーヤーのコミュニティの意見をくみ上げる努力をし続けました。

リフト上、コースの途中、食事の際、夜飲みながら、様々な場での多くの会話を経て

我々は確固たる結論を導き出すことができました。

 

1、   性別や年齢よりも、スキーへの情熱や立ち振る舞いといった考え方の違いが

マテリアルチョイスに及ぼす影響が大きい

2、 『女性スキーヤー』、『女性アスリート』と思われるよりも『スキーヤー』、『アスリート』を思われたい

3、 自分自身にチャレンジしお互いに学ぶことで向上する。

遊びの頂点にいて、雪上や山の上での新たな体験を追い求めている。

4、 日々の中でスキーや様々なことの学びなど

経験や知識を他人と共有することが大好きです。『共有体験』に共感を持つ。

 

女性スキーヤーのコミュニティから考えだされた

 女性向けの本格的なプロダクトが今後続々と発表予定です。

 

この旅に女性スキーヤーであるあなたを招待いたします。

 

レスリー・ベイカー・ブラウン (ブリザードテクニカ マーケティングマネージャー)