Picture

HOW IT ALL BEGAN

1931年代にオレステ・ザナッタにより操業を始めた小さな工房を元にCalzaturificio Tecnica は1960年に設立されました。 当初は作業靴を主要な製品として経営されていました。
1960
Picture

20th JULY 1969

イタリアでのスキーの流行と共に、テクニカは製品構成を変更し、よりウィンターマーケットへと舵をとりました。 1969年にはムーンブーツの販売により国際的な初めての成功を収め、ムーンブーツは月面着陸したアポロ宇宙船士の履いていた靴からヒントを得て作製され、瞬く間にテクニカの成功を象徴するアフタースキー用ブーツとして広まりました。
1969
Picture

DEVELOPMENT

1970年テクニカからTecnusというバイインジェクションで作った、80年代ヒットブーツ「TNTシリーズ」を発表。
1970
Picture

OUTDOOR

80年代中ごろ、テクニカ初のアウトドアコレクションを発表
このコレクションにより、アウトドアマーケットのメジャーブランドへとなりました。
1980
Picture
フットウェアブランドで最も名声のあるLowaがテクニカブランドの傘下へ。
1993
Picture

TECNICA GROUP

1998年テクニカ社は世界のマウンテン装備ブランドとして、もっとも歴史のあるドロミテを傘下へ迎える。スキーブーツ、アウトドアシューズ、アフタースキーブーツ、インラインスケートそれぞれの分野で、世界をリードするブランドへとなりました。1998
Picture

NEW TECHNOLOGIES

テクニカはアフタースキー分野で常にリーディングブランドとして存在し、スキーブーツマーケットでは世界3位のブランドとなる
2002年、スキーブーツに革新的なテクノロジーを2つ搭載:
HOTFORM(ホットフォーム)インナーを熱成型可能にする。
RAPID ACCESS(ラピッド アクセス)ブーツの脱着を簡単に行える。
2000
Picture

AWARDS & OLYMPIC GOLD MEDAL

長年に渡るブランドの統合や、様々な戦略により培われたハイパフォーマンスな製品を作リ出す能力が、スキー、アフタースキー、アウトドアにおいて、テクニカをリーディングカンパニーへと引き上げました。
製品作りにおいて、常に革新的でより良いものを作る為の探究と、消費者の本当に必要とするものにフォーカスすることがテクニカブランドを今日のポジションへと導きました。
また、ここ数年いくつもの名だたる賞を受賞してきました。
ウィンターショーとして最も重要なISPOでは、2017年ZERO G GUIDE PRO がWINNERを受賞。
2014年ソチオリンピックでは、マリオマットがゴールドメダルを獲得。
2010-17